ヴィークレンジングを使う量はメイクの濃さによって変えよう

MENU

ヴィークレンジングを使う量はメイクの濃さによって変えよう

物凄く基本的なことですが、クレンジングを使う量というのは人によって変えた方がいいのです。メイクが濃い時は当然ヴィーのアロマクレンジングを手に取る時に気持ち多めを意識します。メイクが薄いときは、500円玉大ぐらいですね。

 

そして、メイクの種類によって使うクレンジングを変えてみるのもいいかもしれません。ヴィーのクレンジングはなかなかの洗浄力ですので、特に困ることはないかもしれませんが、メイクを落とすクレンジングは、メイクの濃さによって種類を変えて使ったほうが良いです(*^-^*)濃いメイクの時は、クリームタイプやオイルタイプのクレンジングを使うと良いです。そして薄いメイクの時は、ミルクタイプやジェルタイプのクレンジングを使うと良いです。クリームタイプやオイルタイプのクレンジングは、メイクにしっかりと馴染むので濃いメイクも綺麗に落とすことが出来ます。逆にミルクタイプやジェルタイプのクレンジングは、メイク馴染みがクリームタイプやオイルタイプのクレンジングよりも悪いので、薄いメイクしか落とすことが出来ません。なので薄いメイクの時のみ、ミルクタイプやジェルタイプのクレンジングがおすすめです♪クリームタイプのクレンジングは、オイルと水を乳化してクリーム状にしたものなので、メイク馴染みがとても良いです。クリームタイプのクレンジングはまず最初に顔に付けて馴染ませてから、コットンでふき取ります。そして仕上げに洗顔クリームか固形石鹸で洗顔をします。オイルタイプのクレンジングは、顔の馴染ませて水かお湯で洗い流すだけなので、クリームタイプのクレンジングよりも使いやすいです♪そしてミルクタイプのクレンジングもオイルタイプのクレンジングと同じ使い方なので、手軽で使いやすいです。それからジェルタイプのクレンジングもミルクタイプとオイルタイプのクレンジングと同じ使い方なので、使いやすいです。クリームタイプとオイルタイプとミルクタイプとジェルタイプのクレンジングの中で、一番メイク落ちが良いのはクリームタイプだと思います。そして一番メイク落ちが悪いのはジェルタイプだと思います。このようにメイクの濃さによってクレンジングの種類を変えて使うと良いと思います(*^-^*)